【多くのクリエイターが犯す】成功できないたった1つの原因

なぜ僕の周りには成功している経営者は多いのに、クリエイターで成功している人が少ないのか?

僕は多くのフリーランスや自身の会社のスタッフなどを見てきて、ある共通点を見つけました。その共通点と成功には相関関係があることに気づいたんです。

結論は、すごくシンプルで誰もが知っていること。
しかし、なぜかやっていない個人起業家やクリエイターが多いんです。

クリエイター、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業したい方、起業で上手くいっていない方の自分デザイン起業LAB。

起業において悩みや不安、思い通りに行かずに行き詰まっていることはありませんか?
アルバート・アインシュタインは言いました『いかなる問題も、それを作り出したときと同じ思考レベルでは解決できない』と。
正解のない時代、75%の人が知らないクリエイティブな方法で起業や人生を思い通りにデザインする方法をお伝えします。

この記事を書く僕はクリエイターで独立して12年、コンサルデザイン会社で起業して11年、以前は失敗や悩みばかりの日々でした。しかし自分をデザインする方法を実践してから、悩みの解決だけでなく数々の自己実現ができるようになりました。今まで5,000人以上の起業家、企業、行政の問題や目標を、心理学とデザイン戦略を融合したクリエイティブなメソッドで解決、達成して来た経験をもとに、クリエイター、コーチ、コンサル、カウンセラー等で起業したい方、起業で上手くいっていない方へ向けてお話します。

クリエイター、コーチ、コンサル、カウンセラー等で起業する、副業を始める、フリーランスや個人事業主になるのは比較的簡単な時代。しかし、これらで10年以上安定した収益や顧客を得れるかは別問題です。

今回の主題は…

◆ クリエイターの悩みの問題点
◆ クリエイターの問題の解決方法

最初に質問です。
『あなたはどんな、クリエイターになりたいですか?』
想像してみてください。

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む

1,多くの起業家、クリエイターが犯す、成功できないたった1つの原因

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む
あなたはこの1ヶ月、どんなクリエイターライフを過ごしましたか?

多くのクリエイターは日々、時間に追われながらもクリエイティブな活動をしています。
そして、ひとつひとつの仕事を終わらせるたびに、達成感や充実感を得ることでしょう。
クライアントの感謝の声とお金が入ってきたら、クリエイター冥利に尽きますよね?

ここで質問です。

このやり方で10年後、20年後も安定したクリエイターライフを送れる自信はありますか?

参考までにこの10年で次のようなものが生まれてきました

・クリエイターとクライアントの仕事マッチングサービス
・ホームページやネットショップを簡単に作成できるサービス
・スマホの高画質な撮影機能
・簡単に編集できる動画編集アプリ

次に10年後、20年後も今は想像できないサービスが登場する可能性があります。
ということは、今の仕事のやり方が通用しなくなる可能性が出てくるということです。

ではどうすればよいのか。
次に、クリエイターが抱える悩みや問題を見ていきましょう。

2,クリエイターが抱える悩みや問題

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む
好きや得意を仕事として、クリエイターを選んだ人も多いと思います。
とはいえ、クリエイターの悩みは尽きません。

・仕事が不安定
・クライアントとの問題
・お金の心配
・技術力やコミュニケーション力の問題
・モチベーション
・仕事とプライベートのバランス
・孤独

僕はこれらすべてを、たっぷり経験済みです。
僕に限らずクリエイターなら、この中のいくつかは経験しているのではないでしょうか。
これらを解決することも重要ですが、今回はもっと大きな問題点をクローズアップします。

それは…

『人生のゴール設定をしていない』という問題

つまり、将来の目標なく、今目の前の仕事をしているということです。

これが、多くのクリエイターが犯す成功できない原因なのです。

3,ゴール設定をしない原因

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む
そもそも人生のゴール設定をしない原因とは?

それは、自分の好きなこと得意なことができる『職業』という入口から入っているから。
これは僕もそうでしたし、クリエイターに限らず多くの人がそうだと思います。
特にクリエイターは1つ1つの仕事が色とりどりでルーティンになりづらく、クリエイティブなことが多い。

「こればかりやっていて、いいのだろうか?」

このような疑問が湧くことは、もしかしたら他の職業と比べ少ないのかもしれません。
それだけ夢中に楽しめる要素が強いのは魅力的ですよね。

クリエイターが人生のゴール設定をしない原因1

・目の前の仕事に夢中orいっぱい
・来た仕事を漠然とやっている
・仕事自体に充実感や達成感を覚えている
・遠い未来を考える余裕がない

「その場その場で目の前の仕事を続けている」という状態が、何年も続いている人が多いんです。

次のような達成感を持った経験はありますか?

・誰もが知るお店のポスターを作った
・人気レストランのホームページを作った
・キレイなモデルの撮影をした
・ドローン撮影してかっこいい動画を作った
・クラウドワークスで1ヶ月〇〇〇万円稼いだ

「クリエイターをやっている理由はこういう仕事をしたいからだ!何がいけないんだ!?」そろそろお怒りの声も飛んできそうですね。

しかし、これがクリエイターが人生のゴール設定をしない原因の2つ目です。

もちろん僕もこういった仕事をした時は、嬉しいし大きな達成感はうまれます。
ではなぜ、クリエイターとして主な仕事をしつつも、人生のゴール設定をすることが成功につながるのでしょうか。

4,ゴール設定をする意味

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む
その日その日で充実感を感じていれば、ある意味ハッピーなクリエイターライフを送れていることになります。
しかし、10年後20年後に同じやり方で同じ暮らしができると、確信を持てるでしょうか?

僕は持てません。

世界は日々変わっています。

前述した技術やサービスの発展だけでなく、低価格でクオリティの高い海外のクリエイターがライバルになりあなたの仕事が無くなる可能性もあります。将来何があなたの障壁になるかはわかりません。

目標なく現状維持を続けているだけだと、成功どころか時代に淘汰されてしまう可能性があります。

そこで、ゴール設定があれば、あなたはあなた自身で成長する道が見えてきます。
1年後の自分と今の自分の比較分析もできます。
今何をすべきか、何をしないべきかも具体的になります。

ゴール設定をするだけで、あなたの心とからだは現状維持から、未来志向にスイッチするのです。

5,ゴール設定の作り方と使い方

ここまで読んでゴール設定してみようかなと思ってくれた方は、ぜひ続きを読んでみてください。

ゴール設定の仕方

1,人生の大きな目標を決める
2,中間目標を決める
3,1ヶ月毎、1週間毎の目標を決める
4,この1週間、1ヶ月、1年で具体的なやることを決める

『1,人生の大きな目標を決める』は、壮大なものでOKです。
むしろ壮大過ぎるものを設定してください。
人には恥ずかしくて言えないもの。
この時、現状のあなたを考えないことがポイントです。

ちなみに僕は人生の大きな目標の、次の目標も設定しまします。
次の目標とは『人生終了後、人にどんな人間だったと言われたいか』です。
人に自分の人生を判定されるのはアレですが、死んじゃった後は自分ではできませんからね。

『2,中間目標を決める』は、年単位で決めます。
1年後どうなっていたいか、5年後10年後クリエイターとしてどんな生活を送っていたいか。

大枠が決まれば後は、1ヶ月毎、1週間毎に年単位の目標を達成するためのプチ目標を決めます。そして、プチ目標を達成するために今日、今週何をすればよいかを計画立てます。

手帳を使い、常に見える状態にしておくことをオススメします。

6,まとめ:多くのクリエイターが犯すクリエイターで成功しないたった1つの原因

クリエイターになるには,悩み,つらい,苦悩,病む
今回の結論は、『人生のゴール設定(目標設定)をする』ということでした。
冒頭でお伝えした通り、すごくシンプルで誰もが知っていることだったと思います。

クリエイターに限った話ではないのも、おわかりだと思います。

現代人は毎日忙しく生きています。
その中に達成感や充実感を見出すことは大切。
しかしそれだけでは、毎日を丁寧に、人生を丁寧に生きているとは言い難いのではないでしょうか。
まして、充実感が自分の中から湧き出たものではなく、他人の働きかけからだったら。

このブログの成功の定義は、『誰もが持つクリエイティブ力を活かし、自分や自分の人生をデザインできるようになること』
それに反している場合、僕は成功していないと考えています。
賛否はあると思いますが、このブログの大前提なのであしからず。

人生で成功するためには、最終ゴールを設定し年単位、週単位で目標を決めていくこと。
その目標を達成するために今何をすべきかを具体的な行動に落とし込んでいくことでした。

ここまで偉そうに言ってきた僕ですが、当時の僕はまさに目標のない人間でした。
僕は26歳フリーターで初社会人。
会社に馴染めず3年間で3社を転々としていた時は、目標の「も」の字もありませんでした。
ただただ、生活するために働き、自分の職を磨くために仕事をしていました。

ところが、子どもが生まれたことがきっかけで、大きな目標が生まれました。
この子といる時間を、1秒でも多くつくりたい。
その目標に引っ張られるように、起業し子どもとの自由な時間を掴み取ったんです。

その後、さらに大きな目標が生まれ今に至ります。
僕は、会社経営しながら絵本を出版したり、学校でワークショップをやったり、起業家のサポートをしたり、いろんなことをやっているとよく人に言われます。
しかし、これは人生の大きな目標を達成するためのプチ目標たちなんです。
これらを1つ1つクリアしていくことで、僕は人生のゴールにたどり着くことができるんです。

ぜひ、毎日を引っ張ってくれるようなゴールを見つけてくださいね。

他人や仕事に背中を押されながら進む人生は、どこにたどり着くかわかりませんからね。そこが楽しい場所ならそれはそれでですがw

最後にもう一度質問です。
『あなたはどんなクリエイターになりたいですか?』

P.S.

「目標設定の大切さはわかってるけど、いつも後回しにしてしまう…」
そんな人もいるかもしれません。

毎日忙しいですからね。
他にやらないといけないことがありますからね。

でも、あなたが創造するこの言い訳たちは実は超危険人物なんです。

なぜなら、現状維持をしようとする本能に似た生理機能だからです。
生理学ではこれをホメオスタシスと言います。
名前からして悪そう…。
人間にとって大切な機能なんですけどね。

今のライフパターンを維持する方が、新たなライフパターンに切り替えるより楽で安心。

しかし、成功している人たちはこのぬくぬく状態を抜け出し、次のステージへ進んでいきます。ずっと同じ場所にいる人と、次々に広い世界を旅している人の未来の違いは明らかですよね?

もし人生のゴール設定が難しい人がいたら、1年後の目標を決めてみてはそうですか?
いずれも大切なことは、現状の延長線上では設定しないこと。

きっとあなたのクリエイター人生に、新しいシナリオができます。
今までと違う、あなた自身から生まれる充実感を得ることができます。

もし、ひとりでは難しい。
やってみたけどうまくいかない。
そんな人は、僕が12年間うまくいった方法を書いたメルマガも参考になるかもしれません。

僕はあなたをサポートできます。
なぜなら、僕もあなたと同じ道を辿ってきたから。

前へ進むか、現状のままの自分でいるかを決めるのはあなた。
あなたの1年後3年後は、どうなっていたいですか?

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。
今ある本当の悩みは何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。
それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでも大丈夫です。
決めるのはあなた。
あなた自身をデザインできれば、コーチ、コンサル、カウンセラー等の起業家として、たくさんの人の悩みや目標をサポートできます。

笑顔で「ありがとう」と言ってもらえる日を胸に、今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA