【究極の2択でわかる】あなたの起業したい目的とその結末

「弊社との専属契約をお願いします」

子どもから大人まで誰もが知る大企業の重役に、頭を下げられクリエイターとして専属契約を迫られた人がいます。

条件は次のようなもの

・契約内容は作者自身(作品だけではなく)
・契約金額は高額かつ毎年発生
・創作活動は今まで通りできる
・作者の活動や作品はすべて企業が管理

ここで質問です。
『あなたはこの契約をしますか?』

少し補足します

・契約すれば創作活動に専念できる
・毎日多くの人に作者も作品も露出する
・他の仕事をしなくても生活できる

『この条件で、あなたは契約しますか?』

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、クリエイター等で起業したい方、起業で上手くいっていない方の自分デザイン起業LAB。

起業において悩みや不安、思い通りに行かずに行き詰まっていることはありませんか?
アルバート・アインシュタインは言いました『いかなる問題も、それを作り出したときと同じ思考レベルでは解決できない』と。
正解のない時代、75%の人が知らないクリエイティブな方法で起業や人生を思い通りにデザインする方法をお伝えします。

この記事を書く僕はクリエイターで独立して12年、コンサルデザイン会社で起業して11年、以前は失敗や悩みばかりの日々でした。しかし自分をデザインする方法を実践してから、悩みの解決だけでなく数々の自己実現ができるようになりました。今まで5,000人以上の起業家、企業、行政の問題や目標を、心理学とデザイン戦略を融合したクリエイティブなメソッドで解決、達成して来た経験をもとに、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業したい方、起業で上手くいっていない方へ向けてお話します。

序文の話は僕自身のできごと。
結末は、すぐに頭を下げお断りしましたというオチです。

今回の主題は…

◆ あなたの起業の目的は?
◆ あなたの選択により起業の結末が変わる

最初に質問です。
『あなたの起業の目的は、なんですか?』
想像してみてください。

起業したい

1,究極の2択でわかるあなたの起業したい目的と結末

起業したい
冒頭の契約話で僕が断った後、どうなったと思いますか?

この話を持ってきた紹介者からは、縁を切られました。
この話を知っていた友人、知人からは「もったいない」と言われました。

紹介者には、よく飲みに連れていってもらっていました。
僕は決して、恩を仇で返すような人間ではないと思っています。

しかし、この契約をしたらそれこそ『もったいない』ことになってしまうのです。

2,あなたはなぜ起業したいのか?

起業したい
僕は社会人3年目の時に独立起業。
3年間で3社を経験しています。

僕の起業の目的は『自由に自分らしく生きること』
自分と家族との時間を、最優先することでした。

つまり、この契約をした場合、せっかく実現していた起業の目的が絶たれてしまうことになります。
いくらお金をもらっても、いくら有名になれたとしても、僕にとっては本末転倒だったんです。

もしあなたの起業の目的が、この契約とマッチしているのであれば喜んで契約しますよね?
もちろん僕も。

つまりこの契約に限らず、選択したものが正解か不正解かは人によって違うということなんです。

・あなたの起業の目的はなんですか?
・目的とズレても富や名声を得られるとしたら、そっちに行きますか?

3,究極の2択であなたの未来がわかる

時に不要なこだわりが、チャンスを奪うことがあります。
この契約についても、「変なこだわりで、大きなチャンスを逃したね」とある人から言われました。

確かに、大きなチャンスに変わりなかったかもしれません。
しかし繰り返しますが、僕の目的とズレていたんです。

そろそろ究極の2択質問です

あなたはどちらを選びますか?

・他者に縛られ苦悩しながらも目的達成をする
・自分の思い通りにやって目的達成ができない

この答え方で、あなたの起業のシナリオも行く末もある程度決まりますよ^^

4,究極の選択は何度も来るのか?

起業したい
僕には今回のような大きなチャンスが、過去にもありました。

それはミュージシャンを目指していた時、レコード会社からの契約オファーです。
正確に言うとこの時は、面談中、僕の表情を察してメンバーが代わりに断ったのですが。

ではこの後、同じようなチャンスが来たか?
来なかったです。
来たかも知れませんが、その前に夢を諦める選択をしました。

「もし、あの時契約していたら…」

もちろん、こんな考えをしたこともあります。
でも自分で選択したんです。
目的とズレていた。
魂を売ってまで、夢を掴むつもりはありませんでした。

5,まとめ:究極の2択でわかるあなたの起業したい目的と結末

起業したい
今回取り上げた究極の2択はこうでした。

・他者に縛られ苦悩しながらも目的達成をする
・自分の思い通りにやって目的達成ができない

ここまで読んで、
「そこまで目的を優先する必要があるのか」
「目的に固執しすぎて、人生を台無しにしないか」
こう思う人もいると思います。

その答えはこうです。

目的とは別の言い方をすれば『あなたがどう生きたいか』です。

僕は自分の人生を『自由に自分らしく生きる』ため、起業しました。
他人の人生に乗っかってまで、自分の目的を達成することはしません。
それはあくまで他人の目的
他人の人生だから。

とは言え、過去にチャンスを逃し夢を諦めるという経験をした僕は、同じ結末にはしたくなかったので、違う行動を起こしました。
自らチャンスをつくることにしたのです。

結果、僕は自身のブランドを全国の百貨店や有名店舗、専門店でポップアップ展開をしました。
そして、ファッションデザイナー山本寛斎さんの事務所とエージェント契約をし、ライセンスビジネスもスタートしました。
すべて自力でやったので、失敗もたくさんしました。

お金も時間もたくさん使ってしまったけれど、心とからだは常に自由でした。
これが僕の選択の結末です。

この経験から今僕が言えることは2つ

・魂を売ってはいけない
・チャンスは自分でつくれる

もしかしたら、このような意見が出るかもしれません。
「自力でやった結果より、契約した方が大きな成果を出せたのでは?」

確かに、世間基準でいう成果・成功という面ではそうだったかもしれません。
しかし繰り返しますが、僕には起業の目的があります。
目的達成のために、起業をしているわけです。
つまり、自分の人生の中では成果を出せたことになります。

他人が決める生き方ではなく、自分の決めた生き方を選びたい。

もし、あなたの起業の目的が、『富や名声』なら迷わずそのチャンスを選ぶべきです。選択したものは今回の僕と真逆でも、この場合僕もあなたも自分にとって正解を選んでいるというわけです。

フリーランスや起業した人は、毎日多くの決断に迫られ今の状況や近い将来を見がち。
それももちろん大切。
だけど、もっともっと先を見据えておくことも必要です。

突然自分の人生に現れた他人によって、その先にある光を見失わないでください。
本来の目的が、揺るがないようにしてくださいね。

最後にもう一度質問です。
『あなたの起業の目的は、なんですか?』

P.S.

「そもそも明確な目的がないんですけど…」
確かに僕の判断のカギは『目的』に合っているか否かでした。

しかし安心してください。
実はフリーランスや起業を何年もやっている人でも、目的がはっきりしていない人は多いんです。

僕はフリーランスや起業の人向けに講演をする時に、よくお話する話があります。
それは、

あなたの今の姿は、12歳の頃のあなたに誇れますか?
60歳の未来のあなたは、今のあなたを微笑んで見てくれていますか?

というお話です。

仮にいま明確な目的がなくても、この質問をすると自分の現状に対して何か思うことが出てきませんか?

この時、現状や目的の中に『他人が入っているか』を気にしてみてください。

例えば次のようことが入っていませんか?

『有名になる』
『誰もがうらやむ生活を手に入れる』

この答えが良い悪いというつもりは無いのですが、
あなたの価値観が世間のものなのか、自分のものなのかの判断材料になるんです。

あなた自身で見つけてみるのもいいです。
信頼できる人の力を借りてもいいです。
何度変わっても大丈夫なので考えてみてくださいね。

僕は自身で作ったメソッドを身に付けたことで、自分にとって間違った決断をしなくなりました。
様々な外的要因の影響を受けても、ブレなくなりました。

この方法は無料メルマガでお伝えしています。
もし自分でやってもなかなかうまくいかなければ、試してみてくださいね。

僕たちは常に社会の中で、世間に接しながら生きています。
そこに影響を受けることは当然のこと。
影響を受けた際にどう反応するかが大切なんですね。

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。
今ある本当の悩みは何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。
それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでも大丈夫です。
決めるのはあなた。
あなた自身をデザインできれば、コーチ、コンサル、カウンセラー等の起業家として、たくさんの人の悩みや目標をサポートできます。

笑顔で「ありがとう」と言ってもらえる日を胸に、今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA