起業に活かすプチ奇跡の起こし方【コーチ、コンサル、カウンセラー起業】

コーチ,コンサル,カウンセラー,起業するには,起業したい,起業の仕方
奇跡とは《常識では考えられないような、不思議な出来事》

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業したい方、起業で上手くいっていない方の自分デザイン起業LAB。

起業において悩みや不安、思い通りに行かずに行き詰まっていることはありませんか?
アルバート・アインシュタインは言いました『いかなる問題も、それを作り出したときと同じ思考レベルでは解決できない』と。
正解のない時代、75%の人が知らないクリエイティブな方法で起業や人生を思い通りにデザインする方法をお伝えします。

世の中では奇跡と言うと、ありえないこと、自分には関係ないようにも感じます。
しかし、人生で悩みや不安を解決したい人、願いを叶えたい人にとって、奇跡は起こせるもの、奇跡は存在するものと信じている人もいます。何を隠そう僕もそのひとり。

今回は、僕の経験から奇跡というものを分析し、あなた自身が自分にも奇跡は起こせる!と思ってもらえるきっかけに。そして、悩みや願いで奇跡をいかす方法を考えてみたいと思います。

この記事を書く僕はクリエイターで独立して12年、コンサルデザイン会社で起業して11年、以前は失敗や悩みばかりの日々でした。しかし自分をデザインする方法を実践してから、悩みの解決だけでなく数々の自己実現ができるようになりました。今まで5,000人以上の起業家、企業、行政の問題や目標を、心理学とデザイン戦略を融合したクリエイティブなメソッドで解決、達成して来た経験をもとに、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業したい方、起業で上手くいっていない方へ向けてお話します。

今回の主題は…

◆ プチ奇跡の起こし方
◆ プチ奇跡を悩みや願望にいかす

最初に質問です。
『あなたは、奇跡を起こしたことがありますか?』
思い出してみてください。

悩みや願いにいかす【プチ奇跡の起こし方】

奇跡 起こす方法
大きな事故から生還したり、治らないと言われた病気から回復したストーリーを聞いた時、奇跡を感じることがあります。このように専門家や多くの人の予想に反して良い結果が起こった時、僕たちは「奇跡が起きた!」と言ったりします。

今回僕は、専門家や多くの人が当たり前のように悪い結果を想定したことに反して、良い結果を出すことを『プチ奇跡』と定義しお話を進めます。

願いや自己実現を叶えたいあなたは、次のような経験はありませんか?

・親戚や友人から絶対無理だからやめなさいと言われた
・先生や専門家から常識的に難しいと言われた

僕は過去に、このような経験が何度かありました。
無理だと言う相手が、先生やその業界のプロだと説得力も出て、諦めてしまいそうになりますよね?
有識者ではなくとも、マジョリティの意見だとそれが正しいと錯覚に陥ってしまうこともありますよね?

しかし、このような状況をひっくり返し、良い結果を出すためのクリエイティブな力を僕たち人間は持っています。

ラッキーや偶然では片付けられないプチ奇跡の起こし方を、僕の3つの体験談を通してお話します。あなたがプチ奇跡を受け入れる準備に役立ててくださいね。

①【プチ奇跡1】産婦人科医に出産は無理と言われた話

奇跡 起こす方法
奥さんが次女を妊娠した時、切迫流産になり入院しました。
入院時、僕は医院長に呼ばれ次のような話をされました。

羊水が少ないのでこのままでは難しい。心の準備をしておいてくださいと。
僕が羊水は増えないのか尋ねると、もし増えたら学会ものだと言われました。

僕たちは絶望的な中、羊水が増えて次女が無事生まれるてくれることを祈りました。
数週間後、僕は再度医院長に呼ばれました。

母体にもよくないのでそろそろ手術の日程を決めましょうと、具体的な日程を提示されました。
僕はなんとかならないものかと食い下がりましたが、最後には謝られてしまいました。

そこで僕は様々なパターンをクリエイティブに考え、手術を断り転院という選択をします。
ところが、いくつかの転院先には断られるという状況に。

なんとか見つかった転院先で僕らの希望を伝え、残り4ヶ月を諦めずにやれるだけのことをやってもらうことになりました。
そして予定日が近づいた頃、減ってしまった羊水は戻り、次女は完全な健康体で生まれることが出来ました。

これ以上話すと個人情報が出てしまうので控えますが、誕生日も誕生時間も奇跡を証明してくれるようなものだったんです。
僕はこの経験で、奇跡の存在を信じるようになりました。

今回の前提は、産婦人科の専門家やいくつかの病院に無理と言われたことです。
その予想に反してプチ奇跡が起きました。
プチ奇跡には『きっかけとなる原因』があります。
今回の『原因』は転院をしたこと。

もし僕らが転院というクリエイティブな発想に至らず、固まった思考で専門家の提案を受けていたら…
想像するだけで恐怖です。

医院長の判断は、専門家として正しかったのかもしれません。
ただ僕が、その業界で常識とされるものを無視し、別の発想をし決断したことが今回は吉と出たんです。
つまり、プチ奇跡を起こせたというわけです。

心理学NLPでは、脳に定着した一般化を疑い問いかけるメタモデルというものがあります。
デザイン思考やビジネスフレームワークでも水平思考や逆説思考というものがあります。
これらを総動員して僕らは無意識に、プチ奇跡の確率を1%ずつ上げて行ったわけです。

今回のように、精神的に追い込まれ悩みの極地にいたとしても、できるだけリラックスしてポジティブにクリエイティブに発想することが大切です。運命に翻弄されずに、自分で望んだ人生をデザインしました。

この件で一番大変だった奥さんと次女には、今だに感謝です^^

②【プチ奇跡2】先生たちに無理と言われた大学入学

奇跡 起こす方法
前述の話と比べると、プチ奇跡レベルはダウンするのでさらっとお話します。
中学3年生、高校受験の面接時の話です。
面接官からの志望大学の質問に答えると、面接官たちは急に表情を曇らせ、こう言われました。「そこは特殊で難しいから辞めたほうがいい」と。

その言葉は僕の無意識に入り、大学受験時にその志望校を受けませんでした。というよりは、考えすらしませんでした。
脳科学で言うところのスコトーマ(心理的盲点)になっていたのです。

しかし大学2年の時、あるきっかけが僕のクリエイティブ思考を刺激し、受験をし直すという選択肢が生まれます。その結果、中3年の時に入りたかった大学へ入り直すことができたのです。

これが2つ目のプチ奇跡です。
前提条件は、大学に関わる先生たちに難しいと言われ、高校の担任にもやめておけと言われた。
しかし、その人達(ドリームキラー)の意見を引き出しにしまい、クリエイティブな発想でスコトーマ(心理的盲点)を外し、受験をし直すという決断をします。
『プチ奇跡のきっかけとなる原因』をつくったというわけです。

③【プチ奇跡3】絵本編集者たちにダメと言われた絵本

奇跡 起こす方法
絵本作家になりたいと思い、絵本を作った時の話です。
知り合いづてで絵本編集者を紹介してもらい、数名の方に見てもらいました。
しかし、ダメ出しの嵐で絵本は向いていないことを突きつけられました。

自分が目指す業界のプロたちから言われたら、諦めてしまいそうになりますよね。
もちろん僕の心は重症です^^;
しかし、絵本を出す方法をゼロ発想で考え、戦略をリデザイン。
結果、フジテレビKIDS主催の絵本大賞で700名以上の中から大賞に選ばれ、出版することができたんです。

3つ目のプチ奇跡。
前提条件は、自分の目指す業界のプロたちからダメ出しをされた。
しかし、発想を転換し自分なりの戦略で夢を叶えるという『プチ奇跡のきっかけとなる原因』をつくりました。

プチ奇跡の起こし方・いかし方

3つの事例を全部読んでくださった人がいたら、まずは感謝ですw
お付き合いいただきありがとうございます。

中には、「これは奇跡とは呼ばなくない?」と思う人もいるはずです。

そうなんですね、ある出来事を奇跡と捉えるか捉えないかは、人それぞれ。
ただの偶然にしてしまうことも、当たり前にしてしまうことも出来るんです。

しかし、この物事の捉え方こそが、その人の人生を創っていると僕は思っています。

この考えは特に願望を実現したい人、問題を解決したい人にとっては大切な要素です。
そのためにも、うまくいったことをそのままにせず、なぜうまくいったのかを分析するクセをつけることをオススメします。(慣れたらうまくいかなかったことも)

これは心理学NLPではストラテジーと呼びます。
ビジネスで言うストラテジーとは少し違った意味を持ちます。
このストラテジーを応用して、自分のうまくいったパターンを分析し、再現することでうまくいく確率をUPさせるのです。

前述の例で言うと、困難にぶつかった際に、常識を疑いクリエイティブに視野を広げ、選択肢を広げました。
現実や専門家の意見は受け止めつつ、他にもっと良い方法があることを信じて、想像力と創造性を使い探しました。そこから見つけたものに、優先順位をつけ選択・決断したんです。
コーチングでいうWOOPモデルとIF-THENの考えに近いかもしれません。

事例で言うところの、『病院を変えた』『受験をし直した』『作品の持っていき方を変えた』ことです。

時間は一方通行です。
その中で僕たちは、毎日たくさんの決断をします。
巻き戻しはできません。

できるだけ自分の人生にとって、ベストな決断をしたいですよね。

そのためにできることは何か?
それは、過去にうまくいったことを分析し再現、応用すること。
たくさんの選択肢を見つける想像力とクリエイティビティを持つことです。

もし今あなたが何かの困難で身動きが取れなくなっていたなら、まずは今の思い込みを疑ってみてください。
もしかしたらそれは、あなたの過去からの体験の積み重ねでうまれた『思い込み』かもしれません。
クリエイティブな発想で視野を広げてみてください。
今まで見えなかったものが見えてくるはずです。
スコトーマ(心理的盲点)を意図的に外してみるのです。

そしてその中のどれを選択するか迷ったなら、もっと想像してみてください。
過去と未来を、自分の気持ちや信念と価値観を。

このプロセスを経て、あなたが決断してうまれた結果は、プチ奇跡につながるかもしれませんよ!

アルバート・アインシュタインも言っています。
『いかなる問題も、それを作り出したときと同じ思考レベルでは解決できない』と。

【プチ奇跡の起こし方】人生を変えたい・自分の人生を生きるために

今日はいつも以上に抽象的なテーマをお話しました。
できるだけ現実に沿った伝え方をしたかったので、僕の話ばかり出してしまいましたが。

奇跡は超自然現象かもしれません。
しかし、ここで定義するプチ奇跡ならあなたのやり方次第で、起こすことができるかもしれません。

今あなたがやろうとしていることが、一般的には難しいと言われていることだったら、プチ奇跡を信じることから始めませんか?
反対する人たちに反発するエネルギーは、プチ奇跡を起こす事に使ってくださいね。

最後にまとめます。

今回のプチ奇跡の定義は、専門家や多くの人の予想と反して良い結果を出すことでした。
プチ奇跡には『きっかけとなる原因』がありました。

ある出来事を奇跡と捉えるか、捉えないかは人それぞれ。
この物事の捉え方は、その人の人生を創る大きな要因になります。

プチ奇跡を起こすには、うまくいったことをそのままにせず、なぜうまくいったのかを分析しておくとことがポイント。
そして、専門家や多くの人が言うことに対して疑問符や別の答え持った時、視野を広げてクリエイティブに発想することで新しい結果を得られる可能性が飛躍的にアップします。
これが結果的に、プチ奇跡となります。

最後にもう一度質問です。
『あなたは、奇跡を起こしたことがありますか?』

P.S.

「言いたいことはわかったけど、難しくない?」
このような意見も出てきそうですね^^

実は今回伝えたかったことは、モノの見方を変えるクリエイティブな発想なんです。
僕たちは多かれ少なかれ、常識や当たり前という鎖に縛られています。
特に大人はガッチガチ。

人生は算数のように、1つの正解があるわけではありません。
それでも、多くの人は誰かの正解を真似しようとしたり、誰かに正解を求めたりしがち。
生物学的には、仕方ないところもあるんですけどね。

でも僕たちはひとりの人間であり、自分の物語の主人公です。
人の数と同じだけの考え方や答えがあるはずなんです。

そろそろあなた自身の答えを見つけませんか?

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。
今ある本当の悩みは何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。
それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでも大丈夫です。
決めるのはあなた。
あなた自身をデザインできれば、コーチ、コンサル、カウンセラー等の起業家として、たくさんの人の悩みや目標をサポートできます。

笑顔で「ありがとう」と言ってもらえる日を胸に、今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。
あなたの人生に奇跡を起こせる人は、世界にたった1人しかいないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA