幸せになりたい、人生を変えたい【なぜ願い行動してもうまくいかないのか?】

幸せになりたい,人生を変える,人生うまくいかない,潜在意識,人生コーチング,カウンセリング

「幸せになりたい」
「自己実現したい」
「人生を変えたい」

そんな想いを強く持ちながら、学び行動しているのにうまくいかない。そんな方へ向けてなかなか気づけないうまくいかない大きな大きな要因をお伝えします。

僕はこれに気づいてから思い通りの人生を加速度的に描けるようになりました。つまり、自分で自分の人生をデザインできるようになったのです。

こんにちは!メンタルデザイナーのYUJIです。

このブログでは、心理学とデザイン思考を融合したコーチングやカウンセリング、メンタリング、コンサルを通して『心と人生をデザインする』サポートをしている僕が、実体験と共に《人生を変える幸せ自己創造メソッドDesign me》のエッセンスをお伝えしています。

メンタルデザイナーYUJI

【心と人生をデザインするとは】自分は本当はどうしたいのか、何になりたいか、どう在りたいかを明確にし、自分を整えクリエイティブな戦略で望む人生を創造することです。

20代半ば、夢に挫折した僕はニートとなりパリへ逃避。結婚後、転職ジプシーとパニック障害で不安と失敗だらけの日々を過ごす。しかし自分をデザインする方法を見つけてから数々の自己実現を果たす。それから10年以上、経済的、精神的、時間的自由を得て、3人の子育てをしながら望む自分の人生を過ごしている。

5,000人以上の起業家、経営者、親や子ども達のクリエイティブな問題解決や目標達成にアーティスト兼メンタルデザイナーとして携わった実績と、心理学やデザイン人生戦略を融合したメソッドで、コーチングやカウンセリング、メンタリング、コンサルを通して人の心をデザインし人生を変えるサポートをしている。

人生を変えるための幸せ自己創造メソッドDesign me
今回の主題は…
・うまく行かない理由
・潜在意識と顕在意識

最初に質問です。
『あなたは人生はうまくいく!と思っていますか?』
想像してみてください。

幸せになりたい、人生を変えたい【なぜ願い行動してもうまくいかないのか?】

僕は一時期、自己啓発の本が好きでよく読んでいました。読んだ後は自分が少し変わったような成長したような気持ちになったこともあります。

ところがある程度読むと、本当に手に入れたいものではない別のものを得て、満足している自分に気づいたのです。

別の言い方をすると、環境や行動、スキルをいくら身につけても、自分の中の深い部分を変えなければ自己成長やアップデートはできないことに気づいたのです。

ニューロ・ロジカル・レベルの「信念・価値観」「アイデンティティ」レベルを変える必要性に気づいたんです。

コーチング,カウンセリング,自己実現,信念,価値観,アイデンティティ

つまりあなたが「幸せになりたい!」と強く願い、環境や行動を変えスキルを身につけても、望む結果を手に入れてないとしたら。その原因はあなたの信念や価値観、アイデンティティが変わっていないことなのかもしれません。

信念や価値観、アイデンティティは僕たちの『潜在意識』にあります。普段使っている顕在意識でいくらアクセルを踏み強く願い行動しても、潜在意識がブレーキをかけている限り前進はできません

環境や行動を変えてもうまくいかないのは、『潜在意識と顕在意識の不一致』が原因というわけです。

潜在意識と顕在意識って何者?

では潜在意識と顕在意識とは何者なのでしょうか?

このふたつはよく氷山に例えられ、僕たちが普段使っている意識(顕在意識)は潜在意識を含めた全体のほんの一部でしかないということを教えてくれます。

潜在意識と顕在意識の関係は95%と5%と言われています。

また、細胞生物学者のブルース・H・リプトン博士は、ふたつの処理能力には大きな差があるとし、潜在意識が4000万bit、顕在意識が40bitと言っています。

比率の割合はいくつかの説がありますがいずれも、潜在意識が9割以上を占めていることは共通しています。

潜在意識と顕在意識

もしあなたが「幸せになりたい」「自己実現したい」「人生を変えたい」と想うなら、潜在意識と顕在意識というキャラの濃いふたりの性格を知っておくことをオススメします。

【潜在意識(無意識)】
潜在意識とは、普段あまり自覚することができない意識のことです。
ここにはあなたが今まで経験した出来事や感情、記憶、欲求、信念、思い込み、アイデンティティ等すべての情報が蓄積されています。生命を維持するために心臓を動かしたり呼吸をするのもこの部分です。また、快楽を求め不快を避ける、何かに対して反射的に現れる感情も潜在意識からのものです。

【顕在意識(意識)】
顕在意識とは、自覚することができる意識のことです。
僕たちが使う「意識して…」「意識的に…」という言葉はこの顕在意識のことを指しています。いい悪い、正しい正しくない等の思考や判断をします。社会的な活動をしたり、言葉を使ったり、クリエイティブな活動をするいわゆる右脳左脳といわれる部分に関係しています。

人生うまくいかない時の潜在意識と顕在意識の様子

幸せになりたいけどなれない、自己実現したいけれどできない、人生を変えたいけれど変えられない。あなたががんばって行動を変えてもうまくいかない時、潜在意識と顕在意識ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

潜在意識と顕在意識の処理能力は4000万bit対40bitでした。例えるなら潜在意識100万の兵に対して顕在意識が1人で立ち向かうわけですね。

人口100万人強の仙台市民すべての人をひとりで説得して、東京に来てもらうようなものですw

もしあたなの潜在意識が「私なんか幸せになれない」「幸せは手に入れることができないもの」といったアイデンティティやビリーフを持っていたら「幸せになりたい!」と思って行動しても難しいことがイメージできたでしょうか。

図でいうとこんな感じです↓

潜在意識と顕在意識
▲潜在意識と顕在意識が不一致した状態

人生うまくいっている時の潜在意識と顕在意識の様子

ではうまくいく時は、潜在意識と顕在意識はどのような関係になっているのでしょうか。

そうです!ご想像の通り図のようにふたつが一致した状態になっています。

潜在意識とは顕在意識とは
▲潜在意識と顕在意識が一致した状態

実はこの状態をあなたは何度も経験していて、まさに今この瞬間も潜在意識と顕在意識が協力し合っている状態なんです。なぜなら、このブログを読んでいるからです。

潜在意識とうまく付き合うには

幸せになりたい,人生を変える,人生うまくいかない,潜在意識,人生コーチング,カウンセリング

ここでまで潜在意識と顕在意識の特徴と関係性がわかり、うまくいく時の状態もわかりました。では具体的にどのようにしていけばいいでしょうか。

その前にひとつ大切なことを言い忘れていました。潜在意識は現状維持をする特徴を持っているということです。

前述の通り、潜在意識は生命を維持する役割も持っていてケガをしたり風邪をひいてももとに戻す働きをします。何か変化が起こった場合にもとに戻そうとする特徴を持っているんですね。

「もしかして三日坊主の原因もここに?!」

そう思った方、正解です。

今まで走っていなかった人が朝6時に起きて走っても続かない要因は、現状に戻そうとする潜在意識によるものなのです。なので、今までとは違うことを始める時はこういう状態からスタートするということを知っておくだけでも違います。

では潜在意識の特徴を踏まえ、具体的にどのように働きかければいいのでしょうか。

潜在意識に働きかける1

目的を明確にすることです。

「幸せになりたい」という目的があった場合、いつどこで誰と幸せになりたいのか、その目的を達成した時、何が見えて、聴こえて、感じるのか。ゴールを言語化し、まるで今体験しているように想像することです。

顕在意識があなたなら、潜在意識は100万人のあなた以外の人と想像してみてください。100万人にあなたのメッセージを伝え連れていきたいところへ誘導するには100万人がゴールの場所を正確に把握する必要があります。

潜在意識に働きかける2

目的を明確にしてもまだブレーキがかかっているようなら、やはり潜在意識にあるアイデンティティや信念(ビリーフ)、価値観を疑ってみることです。「私なんか幸せになれない」「幸せは手に入れることができないもの」その他、一見関係の無さそうなビリーフや価値観が邪魔している場合もあります。

これはひとりでは気づけなかったり、気づいたとしても対応することが難しいので、プロのコーチ等からコーチングやメンタリングなどを受けることが望ましいし早いです。

制限になるものを特定し、目的達成できるアイデンティティや信念(ビリーフ)、価値観を身につけることで、1から100万の力にすることができます。

潜在意識,人生を変える,人生コーチング,カウンセリング

まとめ:幸せになりたい、人生を変えたい【なぜ願い行動してもうまくいかないのか?】

幸せになりたい,人生を変える,人生うまくいかない,潜在意識,人生コーチング,カウンセリング

「幸せになりたい」「自己実現したい」「人生を変えたい」強く願い、学び行動しているのにうまくいかない。その要因のひとつは潜在意識と顕在意識の不一致にありました。

潜在意識と顕在意識の力関係は95%と5%、処理能力は4000万bit対40bitとも言われています。

いくら顕在意識(意識)で環境や行動を変えてもたった5%にしかならないことから、結果が変わらないのは一目瞭然です。

目的を達成するためには、潜在意識と顕在意識を一致させる必要があり、次のようなことで95%の力を手に入れます。

  • 目的(ゴール)を明確にする
  • 制限しているアイデンティティや信念、価値観を特定し対処
  • 目的達成するためのアイデンティティや信念、価値観を身につける

潜在意識の力を使い、1の力を100万の力にして前進することが可能になります。

「幸せになりたい」と願うあなたと「私は幸せになれる人間だ」「幸せは手に入れることができるもの」というアイデンティティや信念が潜在意識にあれば、「気づいたら幸せになっていた」なんてことが現実に起こります。

なぜなら僕がそうだったからです。

人間は僕らが想像する以上にパワフルなエネルギーを潜在意識に持っています。あなたはそれを信じますか?そしてそれを使える人間だと思うことができますか?

最後にもう一度質問です。
『あなたは人生はうまくいく!と思っていますか?』

P.S.
本文で、潜在意識は普段はあまり自覚できないものと書きました。しかし、スポーツと同じように潜在意識へのアクセスを繰り返しているとどんどんつながりやすくなります。

潜在意識とつながってできることが『意識的に潜在意識を使う』ということ。

これができるとあなたの信念(ビリーフ)や価値観、アイデンティティ、ミッション、生きる目的などに自ら触れることができ、アプローチをすることが可能です。

つまり本当の意味で、あなたが変容しアップデートすることができるのです。

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。今ある本当の悩みは何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。

それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでもいい。決めるのはあなただから。
準備ができた時、あなたは自分でわかるはずです。

自分をデザインし、人生を変えられるのは世界で自分しかいないと、今まで色々な経験をしてきたあなたなら何となく気づいているかもしれません。

あなたの可能性は、あなたが思っているよりずっとすごいんです。

鏡に映る笑顔、幸せそうな声、そんな日を胸に今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。

さて、人生が変わったらまず何をしますか?!

無料メール講座