目標達成や自己実現の邪魔をする3人組の正体とは

コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

「計画はバッチリなのに目標にたどり着けない」
「努力して行動しているのに自己実現できない」

しっかり計画や戦略を立てて、行動にうつしていているのに
なかなか目標を達成できない、自己実現できない。
そんな経験はありませんか?

強く願っても、いい気分でいても、感謝の気持ちを持っても引き寄せが起こらない
そんな風に思った方はいませんか?

実はコレ、今回お話する目標達成や自己実現の邪魔をする3人組のしわざかもしれません。

こんにちは!メンタルデザイナーのYUJIです。

このブログでは、心理学とデザイン思考を融合したコーチングやカウンセリング、メンタリング、コンサルを通して『心と人生をデザインする』サポートをしている僕が、
実体験と共に《人生を変える幸せ自己創造メソッドDesign me》のエッセンスをお伝えしています。

メンタルデザイナーYUJI

【心と人生をデザインするとは】自分は本当はどうしたいのか、何になりたいか、どう在りたいかを明確にし、自分を整えクリエイティブな戦略で望む人生を創造することです。

20代半ば、夢に挫折した僕はニートとなりパリへ逃避。結婚後、転職ジプシーとパニック障害で不安と失敗だらけの日々を過ごす。しかし自分をデザインする方法を見つけてから数々の自己実現を果たす。それから10年以上、経済的、精神的、時間的自由を得て、3人の子育てをしながら望む自分の人生を過ごしている。

5,000人以上の起業家、経営者、親や子ども達のクリエイティブな問題解決と目標達成にアーティスト兼メンタルデザイナーとして携わった実績と、心理学やデザイン人生戦略を融合したメソッドで、コーチングやカウンセリング、メンタリング、コンサルを通してたくさんの人の心をデザインし人生を変えるサポートをしている。

最初に質問です。
『あなたが自己実現する上で、本当に邪魔をしているものは何ですか?』
想像してみてください。

目標達成や自己実現の邪魔をする3人組の正体とは

コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

例えば「あなたが目指す目標をすでに達成した人」がいて、その人と同じような行動を取ればある程度目標に近づけるものがあったとします。イメージしやすいのは資格系です。

学習する場所や方法、使うテキストなどをうまくいった人と同じようにすることで、何となくやるのと比べ成功率は上がるはずです。

つまり、成功方法をマネするわけですがそれでもうまくいかないことがあります。

この場合、今回お話する3人組が関与している可能性があります。
計画や戦略はしっかり立て、行動もしているのに目標達成や自己実現を意識的に無意識的に邪魔しているのです。

例であげた資格取得でいうと…

  • 不合格の恐れを感じながらやる人
  • モヤモヤと何かひっかかったままやる人
  • 人のやり方を信じられず自分のやり方でやる人
  • どうせ自分には無理だと思いながらやる人
  • 本当は別の資格を取りたかったという人
  • 他にやりたいことがある人

これらは今回の目標達成や自己実現を邪魔する3人組のしわざの可能性が大です。原因を知り対処すればあなたの目標達成や自己実現は今よりも必ず前進します。

1,目標達成や自己実現の邪魔をする3人組(ネガティブな感情)

ネガティブ,マイナス感情,コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

目標達成や自己実現の邪魔をする1人目は『ネガティブな感情』です。資格取得の例では次の2つです。

  • 不合格の恐れを感じながらやる人
  • モヤモヤと何かひっかかったままやる人

つまりネガティブな感情とは次のようなものたちです。

ネガティブな感情
  • 恐れ
  • イライラ
  • 怒り
  • 悲しみ
  • 不安
  • 心配
  • 罪悪感
  • 孤独感

僕たちの感情は大きなエネルギーを持っていますが、ポジティブな感情よりネガティブな感情の方がエネルギーの質量が大きいと個人的には感じています。

恐れや不安を感じた時のあの胸の辺りがずっしり重い感覚は、多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。

あなたが何かしらの目標を掲げ、計画し行動をしてもこれらネガティブな感情が邪魔をしているということがあります。

僕が絵本を出版したいと思った時、次のようなネガティブな感情が手をつないでやってきたのを覚えています。

  • 素人が出版できるのだろうかという不安
  • 会社やスタッフをないがしろにしてしまうかもという罪悪感
  • 持ち込みの際、編集者からダメ出しをされる恥ずかしさと悲しみ
  • 誰にも相談できない孤独感
  • 出版したいのにできないイライラ
  • 永遠に出版できなかったらという恐れや心配

これらのネガティブな感情たちは、僕が目標に向かって歩んでいる後ろから常に付いてきました。そのため、ふと気持ちが下がると奴らはここぞとばかりに影響力を発揮します。

車でいうと思い切りアクセルを踏んでも、4本のタイヤにゴミなどが絡みついていていてうまく運転できない感覚でした。

当時の僕のように、もしネガティブな感情に気づいたらなる早で取り除きましょう。やり方は色々あるので安心してくださいね。

2,目標達成や自己実現の邪魔をする3人組(思い込み)

制限のビリーフ,コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

目標達成や自己実現の邪魔をする2人目は『思い込み』です。これは心理学では制限のビリーフと呼んでいます。冒頭の資格取得の例では次の2つです。

  • 人のやり方を信じられず自分のやり方でやる人
  • どうせ自分には無理だと思いながらやる人

つまり制限のビリーフとは次のようなものたちです。

制限のビリーフ
  • 私にはこの目標を達成できない
  • 私にはこの目標を達成するのに相応しくない
  • この目標を達成するのは難しいものだ
  • 自己実現はできないもの
  • 夢は叶えるものでなく追いかけるものだ

信念や思い込みは良くも悪くも、あなた自身にとてつもない影響力を与えます。しかも、無意識で当たり前になってしまうため気づけないこともよくあります。

あなたが気づかないうちに、目標達成や自己実現に大きな制限をかけているとしたら厄介だと思いませんか?

車でいうと、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいる状態です。これでは高性能なカーナビ付きのスポーツカーでもいつまで経ってもゴールへはたどり着けません。

僕が絵本を出版したいと思った時は、次のような制限のビリーフが途中から産声を上げました。

  • 絵本は通常の出版よりも相当ハードルが高い
  • 絵本を出版するのは難しい
  • 自分の作品は認めてもらえない

これらは出版を思い立ったスタート時はなかったビリーフです。持ち込み先の編集者のコメントや情報収集をしているうちに自分で産み落とした制限のビリーフでした。

このようにビリーフは年齢に関わらずいつでもうまれます。つまり、いつでもビリーフを変えられるということです。

僕がコーチングやカウンセリングを行う中でも多くの方が何かしらの制限のビリーフを持っています。それ前進できるビリーフに切り替えることで一気に加速する方たちを見ると、やはり制限のビリーフは取り除く必要があると実感しています。

制限のビリーフの対処法はメール講座でも書いていますので、怪しいビリーフに気づいた方、またはまだ気づけていない方は試してみるのもいいかもしれません。

悩み相談,コーチング,カウンセリング,人生やり直したい,人生を変える,ビリーフ

3,目標達成や自己実現の邪魔をする3人組(葛藤)

葛藤,ジレンマ,コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

目標達成や自己実現の邪魔をする2人目は『葛藤』です。冒頭の資格取得の例では次の2つです。

  • 本当は別の資格を取りたかったという人
  • 他にやりたいことがある人

「葛藤」「ジレンマ」は、僕が二十歳の頃書いていた詞に度々登場する子たちでした。ここからわかるように制限のビリーフと比べ意識的に感じ気づくことができるものです。

葛藤にはいくつか種類があります。

葛藤
  • あれもやりたいけど、これもやりたい
  • あれはやりたいけど、これはやりたくない
  • あれもやりたくない、これもやらいたくない

ここでお気づきの方もいるかもしれませんが、葛藤は2つ以上のものに引っ張られる状態です。つまり、目標に向かって前へ進みたいのに、左右から腕を引っ張られてなかなか前進できない状態になっているということです。

この時あなたは、自分の中心軸からブレて矛盾した行動、生き方をしていて自己一致できていないというわけです。

車でいうとゴールへ向かって前進せずに、右往左往しているようなものです。

僕が絵本を出版したいと思った時は、次のような葛藤がありました。

  • 絵本も描きたい、会社の仕事もしたい
  • 絵本は描きたいが、売り込みはしたくない
  • 古いルールに縛られたくないが、出版するためにはルールに従わないと
  • 自由に描きたいが、読者の心に響くようにも描きたい
  • 編集者にダメ出しされたくないし、コンテストで落選したくない

このブログやメール講座の読者さんなら気づいた方もいるかもしれませんが、中には葛藤だけでなく否定的なことをみずから引き寄せようとしていますよねw

もちろんこの葛藤がある間、僕の絵本出版はうまくいくはずありませんでした。

そのため僕はこの葛藤が持つ意味を探し出し統合することで解決しました。

もし今あなたが目標や自己実現に行き詰まっているなら、何かしらの葛藤が原因かもしれません。それに気づいたら早めに対処しておきましょう。

まとめ:目標達成や自己実現の邪魔をする3人組の正体とは

コーチング,カウンセリング,自己実現,人生の目標

しっかり計画や戦略を立てて、行動にうつしていているのになかなか目標を達成できない、自己実現できないという場合、ある3人組が邪魔をしているというお話をしました。

目標達成や自己実現の邪魔をする3人組
  • ネガティブな感情
  • 制限のビリーフ(思い込み)
  • 葛藤

どんなにカンペキと思える計画や戦略、行動をとってもうまくいかない。その原因は単にモチベーションや才能、能力、外的要因などではない場合があります。

最後に一番大切なことを伝えさせてください。
それは今回登場してもらった3人組は、必ずしも悪者ではないということです。

「ネガティブな感情」「制限のビリーフ(思い込み)」「葛藤」これらは何かしらポジティブな目的があってあなたの中でうまれました。

うまれた当初は、それがあなたのために肯定的に機能していたのです。

ただそれが現在、またはあなたが達成しようとしている目標や自己実現においては邪魔をしているということです。

ですので、どうかただただ煙たがるのではなく、その存在に感謝し、思いやりをもって手放したり、肯定的な機能に進化してもらうようにしてくださいね。

最後にもう一度質問です。
『あなたが自己実現する上で、本当に邪魔をしているものは何ですか?』

P.S.
「ネガティブな感情」「制限のビリーフ」「葛藤」はあって当たり前です。それとどう向き合いどう解釈するかで、付き合い方や対処の仕方が変わり、結果に大きな違いをうみます。

一番よくないのは、目をそむけることです。

これをしてしまうとなかなか現状を変えることはできません。

本やセミナーで多くの知識やスキルを知っても、なかなか変われないのは自分自身が変容しアップデートできていなことが原因です。

今回テーマにした計画や戦略、行動はしっかりやっているのに、ゴールへ前進できないのも同じ理由です。

現状あなたにとってマイナスなものを探し特定し、変えていくこと、あなた自身を整えて行くことがどんなことよりも最優先ですることです。

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。

私の目標を邪魔する「ネガティブな感情」「制限のビリーフ」「葛藤」は何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。 それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。

今すぐできるし、じっくり考えてでもいい。決めるのはあなただから。

自分をデザインし、人生を変えられるのは世界で私しかいないと、今まで色々な経験をしてきたあなたなら何となく気づいているかもしれません。

あなたの可能性は、あなたが思っているよりずっとすごいんです。

鏡に映る笑顔、幸せそうな声、そんな日を胸に今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。

さて、人生が変わったらまず何をしますか?!

無料メール講座