コーチ、コンサル、カウンセラー起業で見落としがちな失敗要因

コーチ,コンサル,カウンセラー,セラピスト,起業するには,起業したい,起業の仕方

起業や副業で失敗する大きな要因。すごく当たり前のことなのですが、実は見過ごしている方がかなりいるんです。

と言うか、やっているつもりで出来ていないと言った方が近いかもしれません。

僕はコンサルデザイン会社として、フリーのクリエイターや個人事業主の士業の方などに仕事を依頼することがあります。また、経営者として定期的にコーチングやコンサルティングを受けています。

その中で「もうお願いしたくないな…」と思う方が過去に何人かいました。これが今回お話する起業や副業で失敗する大きな要因の1つです。

正直、これができないなら起業や副業はしない方がいいです。その方が本人とクライアントのためでもあるんです。逆を言えば、これができる方は起業や副業でもうまくいく可能性大というわけです。

こんにちは!メンタルデザイナーで起業家のYUJIです。


このブログを書く僕はフリーランス12年、コンサルデザイン会社で起業して11年。メンタルデザイナーとしても、心理学とデザイン戦略を融合したコーチングやカウンセリング、コンサルを通して『心と人生をデザインする』サポートをしています。10年以上の自己実現の実績と共に《人生を変える幸せ自己創造メソッドDesign me》のエッセンスをお伝えします。

起業家・メンタルデザイナーYUJI

【心と人生をデザインするとは】自分は本当はどうしたいのか、何になりたいか、どう在りたいかを明確にし、自分を整えクリエイティブな戦略で望む人生を創造することです。

今回の記事は僕と同じように、人をサポートするコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業・副業したい方、起業・副業したけれどうまくいっていない方向けに書きます。コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等の方たちは前向きで勉強熱心な方が多く、この業界の素敵なところ。しかし一方で、ビジネスにできていない方も多いのではないでしょうか。

理由は、本人が潜在意識レベルで変容・アップデートできていないことと、ゴールへの戦略が的確にデザインできていないことなんです。この2つができれば起業・副業だけでなく人生はよりよくなります。人をサポートする人たちがハッピーになれば幸せな人が増える。そんな循環を願って。

夢に挫折した僕はニートとなりパリへ逃避。結婚後、転職ジプシーとパニック障害で不安と失敗だらけの日々を過ごす。しかし自分をデザインする方法を見つけてから数々の自己実現を達成。それから10年以上、経済的、精神的、時間的自由を得て、大切な家族と思い通りの人生を過ごしている。5,000人以上の起業家、企業、行政の問題解決と目標達成のデザイン戦略に携わった実績、心理学やデザイン思考を融合したメソッドで、コーチングやカウンセリング、コンサルを通して、たくさんの人の心をデザインし人生を変えるサポートをしている。

今回の主題は…

  • 起業やフリーランスで失敗する要因
  • 起業やフリーランスで失敗しない方法

最初に質問です。
『あなたが顧客に提供している価値は、何ですか?』
想像してみてください。

起業やフリーランスの失敗要因【できない場合、起業しない方がいい理由】

コーチ,コンサル,カウンセラー,セラピスト,起業するには,起業したい,起業の仕方


起業やフリーランスで失敗する大きな要因のひとつ。
それは…

カスタマー・ホウレンソウができないこと

「なんだ・・・報連相か」「できて当たり前じゃん」と思った方もいると思います。

ちなみに旧来の社内ホウレンソウは、今回対象外です。
僕は無駄なホウレンソウはしない方がマシと言う、反ホウレンソウ軍のメンバーですから。

今回の主題は『カスタマー・ホウレンソウ』
つまり、クライアントへのホウレンソウということです。
(このネーミングしっくり来ませんが、とりあえず差別化のために使います)

実は独立起業した方の中でこの『カスタマー・ホウレンソウ』ができていない人、とっても多いんです。

なぜ、顧客へのホウレンソウができないと起業やフリーランスで失敗してしまうのか。
それは、相手を不幸にしてしまうからです。

僕たち個人起業家は自身の能力を使って、人をハッピーにしたいという想い・野望があります。それなのに仕事をすることで、相手を不幸にしてしまうのは本末転倒ですよね。

①意義あるホウレンソウ・無意味なホウレンソウ

まずホウレンソウの定義をさらっと。

  • 「ホウ」・顧客に進捗や結果を報告シェアすること
  • 「レン」・案件全般に関わる事実や状況を正確に伝えること
  • 「ソウ」・自分だけの判断では難しいときに、顧客に相談して意見を聞くこと

会社員時代、毎週定例の全体報告会議がありました。90%の内容が無意味と感じていた僕は、ノートパソコンを開いて別の仕事をしていました。
そんな僕がクライアントへのホウレンソウは何よりも重要と思っている理由を次からお伝えします。

②カスタマー・ホウレンソウの具体例

コンサルを例に、発注をいただいた後のざっくりな流れで考えてみます。

  1. スケジュール調整と共有
  2. 契約期間中
  3. 契約終了

この中で、ホウレンソウが必要な箇所はどこでしょうか。

多くの方の予想通りすべてとなります。では具体的に…


【1,スケジュール調整と共有】

  • スケジュールの連絡
  • 提案スケジュールがずれた場合などの事前相談や調整
  • リスケジュールの連絡

企画書の提出が遅れそうで事前にその連絡をしなかった。遅れてしまった後で連絡する。これらはクライアントの気持ちを想像できていません。

【2,契約期間中】

  • 打ち合わせ内容の報告
  • 資料のやり取りの連絡相談
  • クライアントのからの質問への回答
  • その他、想定外の連絡時の回答

クライアントからのメール返信がいつも遅くなる。電話に出れなかった時、折返しではなく後からメールで返信する。これらはクライアントの気持ちを想像できていません。

【3,契約終了】

  • アフターフォローの対応
  • 定期的なフォロー連絡

もっと細かいところはありますが、このようにクライアントへのホウレンソウは頻繁に出てきます。では、なぜここまでやる必要があるのでしょうか?

③クライアントの気持ちを想像する

多くのクライアントは、あなたよりこの分野には詳しくないはずです。コンサル、コーチング、カウンセリング、セラピーなどの業界の慣習はわかりません。

つまり、クライアントは何をすればいいかが分からないんです。

この状態で、あなたからの連絡や返信がなかったら、クライアントはどんな気持ちになるでしょうか。想像してみてください。

ワクワクは、しませんよね・・・。
心配になりますよね。
もし、急いでいる場合はドキドキです。

つまりホウレンソウがないと、クライアントは不安な気持ちになってしまうんです。

もう少しクライアントの気持ちを想像してみましょう。

あなたはお腹ペコペコでレストランに入りました。店内は混雑。注文はしたけれどなかなか料理が来ない。この時、どんな気持ちになりますか?

おそらく、多くの人が不安になったりイライラしたりするのではないでしょうか。心が怒り出すか、おなかが鳴り出すかは時間の問題かもしれません。

あなたを信頼して依頼したクライアントが、あなたからのホウレンソウがなかった場合、クライアントはこれと同じ気持ちになってしまう可能性があります。

もちろん、あなたは一生懸命プロジェクトに没頭しているのだと思います。しかし、それよりも優先しないといけないのが、このカスタマー・ホウレンソウなのです。

誤解を恐れないで言えば、顧客にホウレンソウを怠って成果物100%にするより、顧客にホウレンソウで安心感を与えて成果物80%の方がマシだと僕は考えます。

なぜなら、顧客があなたへ依頼した理由の中に『あなたへの信頼』があるから。そして、信頼がなければあなたの企画力やスキルがいくらあっても成り立たなくなってしまうからです。

④クオリティを下げても大事なことなのか?

技術や専門性を仕事にするコーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピストなら「スキルのクオリティを下げてでも、ホウレンソウは大事なことなの?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。

ここで僕が一番伝えたいことは、

クライアントと信頼関係が築けていれば、成果物・セッションのクオリティは下がらない。

ということです。

コーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピストはひとりで成立する仕事ではありません。クライアントのために存在するものだと思っています。


成果物・セッションなどのクオリティは、クライアントが決めるものであって、こちら側が決めるものではないからです。

まとめ:コーチ、コンサル、カウンセラー起業で見落としがちな失敗要因

コーチ,コンサル,カウンセラー,セラピスト,起業するには,起業したい,起業の仕方


今回は、コーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピスト等の起業・副業で失敗する大きな1つの要因、カスタマー・ホウレンソウについてお伝えしてきました。

クライアントはあなたを信頼して、依頼しています。
信頼に応えるには、クライアントを不安にさせず安心させることが大切。
安心を与えるには、コミュニケーションを蜜に取る必要があります。

結局のところクライアントとの信頼関係を築く』という本質的なところに戻ってくるんです。

ホウレンソウをするという行為は、あくまでクライアントとの信頼関係をつくるプロセス。
知ってはいるけど出来ていないという方は、その重要性や本質が理解できていないからかもしれません。

コーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピストに限らず、起業や副業において人との信頼関係は財産になります。これが無くなったら、続けていくのは難しい。逆に信頼関係を貯めていけばどんどんうまくいきます、必ず。

最後にもう一度質問です。
『あなたが顧客に提供している価値は、何ですか?』

P.S.
「ホウレンソウが大切なことはわかる。でも優先すべきものがたくさんある」
個人起業家やメインの仕事があって副業をしている方は、たしかにこういった状況になりがちです。

ビジネス的にも教科書的にもいろんな言い方はできますが、ここではあえてメンタルデザイナーとしてお話します。

起業はスキルや計算、運や勢いだけでは10年持ちません。
いちばん大切なものはマインドでありメンタル(心の状態)をどうデザインするかです。

そのためにも、あなたの中の価値観を明確にしましょう。
起業のゴールを的確に設定しましょう。
そして、クライアントに対する価値基準に階層化しましょう。

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト等で起業したり、副業を始めるのは比較的簡単な時代。しかし、これらで10年以上安定した収益や顧客を得られるかはまったくの別問題です。

まずはあなた自身とコーチングやカウンセリングをするように、ゆっくり向き合ってみてください。今ある本当の悩みは何か、心から望むことは何か…言葉にしてみてください。 それを聴いたあなたは、何を感じますか?

自分自身にいいね!を出せる人生に。
周りの人にいいね!と思われる人生に。


今すぐできるし、じっくり考えてでもいい。決めるのはあなただから。

自分をデザインし、人生を変えられるのは世界で自分しかいないと、今まで色々な経験をしてきたあなたなら何となく気づいているかもしれません。

あなたの可能性は、あなたが思っているよりずっとすごいんです。

鏡に映るいい表情、エネルギーに溢れる声、そんな日を胸に今日もあなたらしい一日をデザインしていってくださいね。

さて、人生が変わったらまず何をしますか?!

無料メール講座